Category Archives: フルスタックエンジニア

ベンチャー企業で働くということ

昨今の流れとして、伝統的な大企業よりもベンチャー企業への就職を志す若者が増えています。確かにベンチャー企業は若くて風通しの良い企業が多いところも魅力ですが、それ以上に将来の「独立」を視野に入れ、企業経営に対する直感を得たくてベンチャー企業を選択する人が増えているようです。
もちろんその選択は間違っていません。そうした学生にとってのベンチャー企業は、会社を経営することの意味や、多様な人材が求められる必然性について学ぶのに最高の環境であると言えます。
しかし逆に言えば、大企業のような分業体制が整っていない部分については、自力で何でもしなければならない、ということでもあります。エンジニアであってもデザイナーの仕事が求められたり、営業の仕事の一部を負担することを期待されたり、といったことは普通にあることです。「視野を広げる」という確固とした意思がある場合は良い環境ですが、専門職として特定の仕事だけをしたいという場合には、やや煩わしいことも多いはずです。

ただしそのような経験は、いわゆる「フルスタックエンジニア」を志す人にとっては、宝物のように大事な経験でもあります。コスト意識を伴うインフラ構築や新規サービスのプレスリリースなど、経営層やマーケティング層に踏み込んだ仕事を経験することは、その後の「独立力」を確実に高めてくれます。そのぶん仕事は激務ではありますが、独立するにせよサラリーマンを続けるにせよ、市場での自分の価値を高めることは間違いありません。
独立や起業を含めて将来どうありたいのかを考え、そのための実力をつけられるキャリアプランを思い描くことが、どんな企業で働くかを決める上で重要になってきます。